ようこそ【ファイブカラー オフィシャルホームページ】に

お越しくださいまして、ありがとうございます。

メタフィジカル・コンサルタント 三岬 奈央の更新情報・お知らせ等を紹介していきます。

まず、メタフィジカル(metaphysical)とはなんでしょうか?

辞書では
「形而上学の、極めて抽象的な、肉体の次元を超えた」という、「目に視えない世界」のことを指します。

この世の中は、視えないもので渦巻かれています。

電波、磁場をはじめ、光線、音の波長、放射線などです。

これらは科学的に証明されています。

たとえ目に視えなくとも、現実世界に作用しているので
「ある」ものとされています。

では、目に視えないものとして
「人の気持ち」「運気の流れ」「空間の波動」
などはどうでしょうか?

これらは科学的には測れずとも、
確実に一定のモノに影響しています。

これを古代から中国・インドでは「氣」「プラーナ」と称し
現代社会では「生命エネルギー」「免疫力」などに対応させています。

目に視えないモノを扱っている最たる分野が
東洋医学なのでしょう。

現代医学の代表である西洋医学では、
身体の健康は、「血液の質と流れ」が大きく左右している とされていますので、まず「血液検査」が健康診断では欠かせません。

反面、東洋医学では、血流以前にそれをコントロールしている
氣・プラーナの流れを「脈診」として最初に行います。

氣・プラーナの流れがよろしければ、
そのエネルギーに乗っかっている血流もよろし、となります。

これと同様の原理がヒトの人生の営みにも働きます。

ヒトは、病気になってから慌てふためき医者にかかりますが
東洋医学では「予防」がメインです。

未病のうちからあるサインを読み取り、
病気の段階に至る前に対処します。

西洋医学は表面の病状にメスを入れる対処療法です。

これだとまた再発する可能性が大ですが、
東洋のそれは、根本にある「氣」の流れを コントロールする原因療法なので、 完治しやすいということです。

では、「人生がうまくいかない」という
病気の症状に似たものを感じたなら・・・

「うまくいっていない」表面的現象にばかり目を向けず
根本にあるエネルギーの流れを考えてみることです。

それにはまず、

自分自身のことをよく知ること。

知ったあとは、それをどう生かすのが自分らしく、
また自然エネルギーとマッチする生き方なのか 吟味していくことです。

その中で、

・自分って誰?

・いったいどうしたいの?

・今はどんな運気(氣が運ばれている時期)なのか?

などを、
古代の賢者が残してくれた目に視えない叡智を
繙(ひもと)きながら、探っていくお手伝いをすることを 「メタフィジカル」なコンサルタントとしています。

ここでのテーマは

★「持続可能な幸運」です。

そのためにはどうすればいいのか?

中国風水の古典に

1:命、2:運、3:風水、4:積陰徳、5:唸書

という言葉があります。

これを車と道路マップに例えると

1:命   (車と目的地図)

2:運   (道路状況と混み具合、運転テクニック)

3:風水  (周辺環境)

4:積陰徳 (ガソリン)

5:唸書  (運転ノウハウと道交法)

となります。

まず「宿命」を知る(自身の車の特徴と目的地図を知る)

⇒ インド占星術とナディ・システム(葉)

次は「運の勢い」を知りコントロールする

(道路状況や混み具合を知り、運転技術を上げ効率いいドライブをする)

⇒ 開運塾(マンスリーサービス)で運気アップを図る

その次に「環境」を整える(道路整備と障害物除去、周辺の快適設備)

⇒ 天文地理術(風水)で陰宅(墓)・陽宅(家)の整え

準備が整ったうえで、あとは目的地まで行き着くこと(ガソリン補給)

⇒ 積陰徳(チャリティ、ボランティア)

仕上げに、一連の運気メカニズムを理解すること

⇒ 唸書(天のルールを学ぶ、究極が【死】の教え)

この原理原則に基づき

曖昧状態 ⇒ 認識する ⇒ 浄化 ⇒ 相転移が起こる ⇒ 安定

という「幸運可能な5ステップ」へと進みゆきます。

このステップに必要な手段としてファイブカラーでは さまざまな「七つ道具」を用意していますので ご自身の目で確かめ活用し、実感ください。